母乳育児を目指す!いいもの発見ブログ

授乳中いい飲み物

 

現在1歳半になる子供を持つ29歳の母です。
母乳育児が推奨されているからという単純な理由で母乳育児を始めましたが、月日が経ち赤ちゃんのことを心からかわいいと思うようになってくるとだんだん不安になっていきました。

 

子供が満足できるまでしっかりと母乳が出ているのか疑問に思ったのです。
かわいい我が子にはおいしい母乳をいっぱい飲ませてあげたい。そう思うようになってから、母乳の量を考えるようになりました。

 

授乳時は幸せになる

母乳図1

出産する前まではミルクで育児をするのもいいかななんて母乳育児について深く考えたことはありませんでした。
しかし産後、助産師さんから母乳が出るなら母乳育児がいいと言われたことがきっかけで母乳育児を始めた次第です。

 

なので初めの頃は母乳にこだわりがありませんでした。
けれど母乳育児をスタートしてしばらくしてからわかったことがあります。
それは授乳中の赤ちゃんの表情と仕草がとてもかわいいということです。
ときにおっぱいに手を添えながら一生懸命飲んでいる姿を見ていたら、母乳を与え続けたいと思うようになりました。

 

質の良い母乳を大量に出せるよう、あっさりとした食事にチェンジ

母乳図2

水や麦茶ではなく、基本的にたんぽぽ茶を飲んで過ごすようになりました。
そして食事は和食ばかり食べていましたね。夫にも協力してもらってほぼ毎日毎食和食でした。

 

ファーストフードが大好きだったのですが我慢して煮物や魚を食べましたよ。
これで我が子が困らないならいい。順調に成長してくれるならいいと思っていました。

 

子供はやや小さめで生まれたのでそのこともあって頑張れました。
自分の子供のためだと思えば我慢も容易かったように思います。

 

乳には困らない反面手間とお金はかかります


努力の甲斐があって母乳は沢山出ましたし、子供も順調に成長してくれたのでよかったのですがたんぽぽ茶代や毎食凝った和食をつくらなければならないのでその材料費やらでお金はかかりました。

 

母乳はお金がかからなくていいでしょなんて母に言われましたが、そうでもないわと思った記憶があります。

 

そして時間もかかりましたね。
毎食きちんと料理をしていると一日が終わるのがあっという間でした。
正直大変でしたね。ささっと食べられる料理にすれば楽だろうなーと考えていた時期もありました。

 

けれど頑張ったおかげで後悔のない母乳育児になりましたよ。
母乳で育児できる期間は限られているので、お金や時間や手間を惜しんだりせず自分にできることはすべてやって納得のできる母乳育児をするべきだと思います。
授乳中の飲み物はたんぽぽ茶の他にもおすすめが有りますのでこちらを参照してみるといいかもしれません。