母乳育児を目指す!いいもの発見ブログ

母乳は親子のつながり

母乳は親子のつながり

 

母41歳です。12歳娘、9歳娘、7歳息子、2歳息子の4人子供がいます。
4人とも母乳育児で育ててきました。
上の子は、出産した産婦人科がミルク中心の病院でした。
しかし、退院後は母乳育児に切り替えると、母乳のおいしさがわかったようで、自然とミルクを飲まなくなりました。
母乳の出も良くなり、赤ちゃんの顔を見ながら授乳する時間が好きでした。

 

小さな体調の変化にも気づく

 

小さな体調の変化にも気づ

母乳育児をしていると、赤ちゃんの様子がよくわかります。
風邪のひき始めの鼻詰まりに気づくのは、いつも授乳中です。
早めに対処ができて、悪化するのを防ぐことができます。
眠たいときに眠れなくて困っているときには、おっぱいが大活躍します。
乳首を口に含ませると、大人しくなりすぐに寝てしまいました。
体調が悪くて、食欲がないときには、母乳が1番良かったです。
熱があって、どんなに辛そうにしていても母乳なら飲んでくれました。
脱水を起こさないように、少しずつ母乳を飲ませていると、体調が回復して良く感じがします。

 

絶対に飲酒はなし

もともとアルコールが弱かった私は、授乳期間中は全く飲みませんでした。
飲むと顔が赤くなり、体がほてってしまいます。
母乳から赤ちゃんに届いては大変です。
上の子の役員のお疲れさま会があっても、必ず断って1口も飲みませんでした。
私は、少しでも良いおっぱいがでいるように、毎日青汁を飲んでいます。
いろいろな栄養が凝縮されており、葉酸もたくさん含まれています。
親子で元気な体作りのために、おいしく飲んでいます。

 

子はずっと一緒、いつでもお互いを求めている

授乳期間は、いつでも親子一緒に過ごします。
いつでも、赤ちゃんがおっぱいを欲しがったら飲ませてあげたいからです。
母乳育児のメリットは、すぐに飲ませてあげられることです。
洋服にも気を付けました。授乳期間は、ワンピースを避けました。カーディガンがあると便利です。
しかし、完全母乳育児は、子供を預けて仕事を始めるタイミングが難しいです。
ミルクに切り替えたらできるかもしれませんが、母乳のおいしさを知っている子はミルクを嫌がる傾向にあるからです。
離乳食が進み、母乳を卒業してから、仕事を始めました。