母乳育児を目指す!いいもの発見ブログ

母乳のみにこだわらないでゆる〜い混合で子育て

母乳のみにこだわらないでゆる〜い混合で子育て

 

 

母32歳 2ヶ月の息子、末っ子長男3人目の子育てになります。
長女は混合スタートで最終的に母乳で育てて、次女は、出産時に私に持病が見つかり、その関係で薬を飲まないといけない事情があり、ミルクで育てました。
そして3人目は、持病の薬を飲んでいても母乳をあげれることになったので、母乳とミルクの混合で育てています。
私は、専業主婦をしていて、上には小学生の2人の娘がいます。普段は、昼間と夜中は、主に私が母乳をあげて、夕方からは、学校から帰ってきた娘たちや仕事が終わって帰ってきた旦那さんがミルクをあげたりしてくれて育児にも協力的な環境の中で子育てをしています。

 

母乳にこだわりすぎないメリット

 

息子には極力母乳をあげたいと思っていますが、絶対完母にするつもりはありません。
その理由は、完母にしてしまうと私しか息子におっぱいをあげることができないからです。
混合での子育てなら、ミルクは娘や旦那にもあげることが可能です。
そうすることで、私自身がストレスを溜め過ぎないで楽しんで子育てができるんです。
母乳をあげることにストレスがあるわけではありませんが、やっぱり毎日のことになると、私も人間なので、生活のどこかでイライラすることもあります。
そんな時にイライラした状態で赤ちゃんの世話をすると赤ちゃんにもそのイライラはやっぱり伝わってしまいます。
でもミルクという逃げ道があれば、疲れた時は娘や旦那さんに頼ることも可能なんです。
娘にとっても弟の世話をすることはいい経験になるし、女性である以上今後必ずこの経験は役に立つんじゃないのかなって思っています。

 

とにかく1人で悩む育児は絶対しない。家族みんなで協力をして笑顔で、育児をする

 

自分一人で頑張り過ぎてしまうのは絶対しない。
母親は、1番赤ちゃんとの関わりが家族の中で長い時間過ごすと思うんです。
そんな母親が常にイライラしたり悩んだりしていては、赤ちゃんにとってもいい環境とは言えないと思います。
だったらみんなで少しずつでも協力をして、笑顔で子育てをする方が母乳にこだわりすぎる肩の力を抜いて楽しく子育てができます。赤ちゃんが家族に加わったことで、もっと絆が深まった気がします。

 

母乳育児は、一人で悩みすぎないのが一番大切なことです

 

よく母乳育児にこだわり過ぎてそのことが大きなストレスになってしまう人もいますが、どんなに母乳が出てもお母さんが笑顔でなかったら赤ちゃんは嬉しくないと思います。
ミルクに頼ったって赤ちゃんは大きく成長します。頼れるものにはどんどん頼って、自分に合ったやり方でストレスなく笑顔で、赤ちゃんと過ごせる方法を見つけることが母乳育児を楽しくする方法なんじゃないかなって思います。

page top