母乳育児を目指す!いいもの発見ブログ

2mlからの母乳育児挑戦!

2mlからの母乳育児挑戦!

 

母35歳、子ども2歳です。
出産した当初は一回の母乳の量が2mlくらいと全く出なかったのでミルクとの混合だったのですが、1ヶ月ほどで完全母乳育児になりました。
現在はすでに授乳はしていません。

 

出ないからこそこだわる

私が母乳育児にこだわったのは、おそらく最初母乳の出がとても悪かったからだと思います。
出産した病院が母乳育児を推進していたので私も当然母乳で育てるつもりでいたのですが、いざ出産してみたら全然母乳が出なくって、入院中に子どもの体重が減りすぎてミルクを足す事になったんです。
出だしからつまずいてしまった訳ですが、だからこそ負けん気が出たというか、なんとか母乳で育児しようと思ったんです。

 

頻回授乳と水分補給で母乳量を増やす

母乳が少なかった私が気をつけたのは、とにかく頻繁に水分をとる事です。
カルシウム不足や、夏場でしたが身体を冷やさない事、カフェインの事などを考えて、常温の硬水や暖かいルイボスティー、ごぼう茶など、一日4リットルくらいの水分をとるように心がけました。
それから頻繁に授乳しました。
出産後最初の1週間は1日の授乳回数が20回を越える事もありました。
どちらも徐々に減っていきましたが、水分補給に関しては授乳を終えるまでかなり気を付けました。

 

授乳をすると気持ちが安定する

 

授乳をすると気持ちが安定する

母乳をあげる最大のメリットは心の安定だと思います。
産後は気持ちが落ち込みがちだったのですが、子どもに授乳をしている間はなにも考えずに穏やかな気持ちになれました。
肌と肌が触れ合っている事、授乳の間は子どもが大人しくている事などが良かったように思います。
また子どもがぐずった時にも母乳で治まる事が多かったのも助かりました。デメリットとしては子どもと長時間離れる事が出来ない事です。
完全母乳になってからはミルクを受け付けなくなってしまったので、夫に預けて数時間外出するのも難しかったです。
とはいえ半年も経てば離乳食が始まるので、メリットの方が大きかったと思います。

page top